あ行

アカシックレコード

あ行

元始からのすべての事象、想念、感情が記録されているという世界記憶の概念で、アーカーシャあるいはアストラル光に過去のあらゆる出来事の痕跡が永久に刻まれているという考えに基づいている。
宇宙誕生以来のすべての存在について、あらゆる情報がたくわえられているという記録層を意味することが多い。

宇宙創造からの全記録が保存されており、霊能者がアクセスすることで、
前世での出来事からこれから起こる未来の出来事に至るまで、すべての個人情報を読み取ることが可能です。
ご自身の前世と未来をお知りになりたい方はもちろんのこと、お抱えの問題の行く末を正確に知りたい方も、アカシックレコードの鑑定をお勧めいたします。

悪霊


悪魔降伏 / naan


ものの怪 (け) ともいい,人間について,人を恨む気持ちの強いネガティブな霊体が互いに引き寄せ合って、悪意のみを持った意識エネルギーの集合体となったものを悪霊といいます。

次第にひとつの意思を持った意識体となり、人間に憑依して死に至らしめることもあります。ひじょうに強いエネルギーを持っているのが特徴です。
ときに人間のからだから抜け出た分離魂,すなわち生霊,死霊が悪霊となることがあります。悪霊は神仏の威力により退散させうると考えられ,加持祈祷,呪文などが行われました。

ASC(アセンダント)


星座 / yanger1997


Ascendant(アセンダント)の略。ASCと表記されることが多い。上昇点、上昇星座とも言われる。
ASC(アセンダント)は、ハウス(室)の始まり、第1ハウス(室)と第12ハウス(室)の境界線となります。
これは、太陽が登る点と地平線の交差点(黄道と地平線の交差点)となります。アセンダントはMCとともに特に主要な部分である。アセンダントのサインがそのホロスコープの持ち主の生まれながらの容姿や資質を象徴するともいわれる.

悪相


尋找著解?的線索 / Angel 寶娘娘


八相の一つ。悪人の相。恐ろしい(ふてぶてしい)人相。恐ろしくて気味の悪い顔つき。醜い人相。とげとげしい印象があり、人に嫌な印象を与える相のこと。荒々しく人を攻撃し、競争したがる傾向がある。

生き霊

 


『The four co-heirs(四人の共同相続人)』 / RC:Dialogue

 

特定の相手に対して、強い思慕の念や恨みの念を抱き続けたために、生きている人間が自己の念を飛ばし(正確には自己のアストラル体の一部を飛ばし)、特定の相手に憑依し、ときに霊的攻撃などをする現象のことを指します。

 

生き霊に憑かれると、運気に深刻な悪影響が出ます。ほとんどの場合、生き霊を飛ばしている本人に自覚はありません。それを飛ばした本人の意志に操られて意図しない行動に走ったり、思考力や想念が混濁して生活に支障を来したりと、とにかく不運なアクシデントに遭遇しやすくなってしまいます。

 

威相

 


松井一郎 / Ichiro Matsui (Governor of Osaka Prefecture) in Narita-san - Neyagawa, Osaka / Ogiyoshisan

 

八相の一つ。威厳の相。どことなく威厳があって、自然と人を従わせる相。大政治家、大実業家など。態度が堂々としていて、頼もしい印象を与える人が持っている相のこと。
厚相, 目・鼻・口・耳が大きく、全体的に重厚な相。大臣、大資産家など。 清相, あくのない清らかな顔で、すがすがしい印象を与える人。

 

イメージング

 


20101119イメージ958 / tomitake_flash

 

イメージングは潜在意識を活用する強力な方法です。ご相談者の方が望まれている未来像を霊能者が強く念じ、鮮明映像として浮かび上がらせることによって、
イメージの内容に従って自動的に活動を始めるのです。そして、思い通りの展開を実現します。
また、霊能者よりご希望の念映像をご相談者へ送り、毎日ご本人がイメージングすることも可能です。
片思い、復縁、結婚成就、事業成功など、すべての願望がイメージングで短期間に実現できます。望むイメージを思い描く訓練は最高の結果を期待できます。

 

 


陰と陽 / Nao Iizuka

 

古代中国において考えられた陰陽思想のこと。この世の森羅万象を「陰」と「陽」に分類することができると考えられる。この陰陽に基づく思想を陰陽思想・陰陽道といい、
五行論とともに陰陽五行説に発展した。また、易学で、陽に対置されて、消極的・受動的であるとされるもの。地・月・夜・女・静・偶数など。

 

インド占星術

 


Bracken House - London / Remko van Dokkum

インドで発達した占星術で、「ヴェーダ占星術」・「ヒンドゥー占星術」・「ジョーティシュ(光の科学)」とも呼ばれる。インド古来から伝わるヴェーダの教えと深く関係しており、未来予測の的中率にたいへん優れた占星術。
インド本国の他、ネパールやチベットなど周辺の地域でも行われている。 もともと、白道上の月の位置に着目したナクシャトラ(中国系暦法・占星術では二十七宿という)を用いた占星術だったが、ヘレニズム時代にギリシアから太陽と月、5惑星とラーフ、ケートゥといった九曜、十二宮と十二室に基づくホロスコープ方式の占星術を取り入れて、現在のナクシャトラ(白道二十七宿)と黄道十二宮を併用した形になったと言われているが、古い時代のことなのではっきりしたことはわかっていない。

 

また仏教に取り入れられたものは、簡略化(月の厳密な度数で決めず、1日に1つというように割り当てる)・仏教化し 『宿曜経』 にまとめられ、密教の一部として中国に伝えられた。さらに、平安時代には日本にも伝えられて宿曜道となった。

 

陰陽五行説

 


陰陽 / nSeika

 

陰陽五行思想(いんようごぎょうしそう)とは、古代中国で成立した自然哲学の基礎概念のことで、中国の春秋戦国時代ごろに発生した陰陽思想と五行思想が結び付いて生まれた思想のことです。陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)、陰陽五行論(いんようごぎょうろん)ともいいます。「陰陽説」は易の原型の思想で、自然界に存在する物質は、「陰」と「陽」の要素から成立すると唱えたもので、陰陽思想と五行思想との組み合わせによって、より複雑な事象の説明がなされるようになりました。

占い

 


占い師 / m_takahashi

 

占い(うらない)とは様々な方法で、人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいう。卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)ともいう。
占い師は、占いを生業とする人物のこと。個人の未来や心の内面など、現実的に不透明な出来事についてアドバイスをしてくれる。 占いの種類は、大別すると命・卜・相の種類に分かれ、目的に応じて良い占い師を選ぶことが必要とされる。

 

運勢

 


a stand of your fortune. あなたの運勢。 / yukop

 

運(うん)とは、人の持っている幸運・不運の巡り合わせなど、各個人の命運の勢いのことをいい、その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせを指します。
運が良い(幸運・好運)とは到底実現しそうもないことを、偶然実現させてしまうことなども指します。

 

運が悪い(不運・悲運)とは、楽しみにしていた旅行の当日に、発病してしまうことなどもさします。占いや、神社・寺院のおみくじは、この運を予言する力があるとされます。
また、運勢は常に一定ではなく、各個人・時期・周囲の状況によって変わるものとされる。また、本人の心の成長によっても変化が可能であるとされています。

 

運命

 

個人の人生に訪れる、人間の意志をこえて、人間に幸福や不幸を与える力のこと。見えない大きな流れのこと。あるいは、そうした力によってやってくる幸福や不幸、それの巡り合わせのこと。
人生は天の命によって定められているとする思想に基づいて考えられている、人の意思をこえて身の上に起きる禍福。
一般的に、個人の努力や行いで変えられる流れを「運命」と呼び、前世からのカルマとして変えることができない流れを「宿命」と呼ぶ。

 

 


文王卦 喝著紅茶看易卦 二十七 『求職!』 / caishin

 

『易経』(えききょう、正字体:易經、?音: Yi J?ng)は、古代中国の占筮(細い竹を使用する占い)の書物です。符号を用いて状態の変遷、変化の予測を体系化した古典です。中心思想は、陰陽二つの元素の対立と統合により、森羅万象の変化法則を説く。著者は伏羲とされています。
中国では『黄帝内經』・『山海經』と合わせて「上古三大奇書」とも呼ばれ、現代では、占い手は筮竹やサイコロ、コインなどを用いて卦を立て、その卦を読みとることで問題の解決策を求めるものとして利用されています。易の代表的なものとして「周易」「断易」「梅花心易」などが挙げられます。

 

易経

 


文王卦 喝著紅茶看易卦 三十『租店』 / caishin

 

中国の周の時代に大成された経典です。「易経」は周の文王が作成したといわれているため「周易」とも呼ぶ符号を用いて状態の変遷、変化の予測を体系化した古典です。
内容は「経」と「伝」に分かれ、「経」には六十四卦のうちの三十卦が収められている「上経」と、残りの三十四卦が収められている「下経」に分かれます。
六十四卦には一卦ごとに卦辞と爻辞が添えられており、その卦辞や爻辞を補足し、解説している十編からなる「十翼」のことを「伝」といいます。
エクトプラズム

 


シャボン玉の容器の絵について(エクトプラズム) / yto

 

霊能者などが「霊の姿を物質化、視覚化させたりする際に関与するとされる半物質、または、ある種のエネルギー状態のもの」を指して用いられます。
ここで使用されている「半物質」という言葉は、現実の物質と、霊的存在の構成要素の中間というニュアンスに近く、自然科学の用語とは関係ないです。また、「エネルギー」も、科学的には解明されていません。

 

具体的に宇いうと、交霊会などで、霊媒の口や鼻から出てくる繊維状の白い綿のような物質をエクトプラズムといいます。その場の霊気の影響で様々な形に変化し、呼び出した霊の姿をとることもあります。

 

干支

 

あ行
転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1425733189/

 

十干と十二支を組み合わせたもので、十干と十二支を組み合わせた60を周期とする数詞。暦を始めとして、時間、方位などに用いられます。六十干支(ろくじっかんし)、十干十二支(じっかんじゅうにし)、天干地支(てんかんちし)ともいいます。
上に十干、下に十二支を配します。甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十干と、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支との最小公倍数より60の組み合わせがあり、年月日時にそれぞれ充てられ、時間の変化をあらわします。

 

エネルギー療法

 


Photosynthesis / Takashi(aes256)

 

エネルギー療法(エネルギーりょうほう、Energy medicine)はエネルギー医学(Energy medicine)、エネルギー医療(Energy therapy)とも呼ばれ、電気療法、磁気療法、手当て療法、遠隔ヒーリングなど、
エネルギーを用いた補完・代替医療の一分野である。鍼治療、気功などの伝統医療も、エネルギー療法とされることがある。扱われる「エネルギー」は、科学的に存在が証明されるもの、非科学的なもの、伝統的概念がある。

 

患者に手を当てる「手当て」、患者に接触しない「手かざし」、治療者が患者と同じ場所にいない「遠隔治療」などがある。治療者(ヒーラー)が患者にエネルギーを伝え、それによって患者にポジティブな変化をもたらすという主張は、疑似科学と非難されることも少なくないです。

 

遠隔透視

 


平面構成一点透視図イメージ / reach_rh

 

遠隔透視は、超能力の一つで、肉眼では見えない距離にある物体の情報を超感覚的知覚により入手する能力をいう。「遠隔視」(えんかくし)ともいう。
同様に遠距離にある物体を感知する超能力に千里眼があり、遠隔透視と千里眼が同一視されることもあるが、

 

遠隔透視はテレパシーと透視を同時に行うような能力との解釈もある。自分の意識を肉体から離脱させることでほかの場所のものを見る能力という解釈もあり、
体外離脱やアストラル体投影とも密接な関係があると考えられている。

 

透視方法は各霊能者により多少相違いたしますが、いずれも自らの霊能力のみを用いますので、お探しになっている物品に関する情報が過度に少ない場合も、
それが存在する場所などを特定することができます。

 

縁切り

 


237 / yukigaya3

 

一般的な意味としては、夫婦・親子・兄弟・主従等の関係を切って他人の関係になることでしすが占いの場合ですと、
すでに思いの冷めてしまった恋人や結婚相手と円満に離別したいという方のために、もつれてしまった恋愛縁の糸を断ち切る霊能力による儀式を執り行います。

 

人と人とのつながりは、目に見えない霊的なエネルギーによって結び付けられています。
運命的に宿命づけられた関係性のことを縁といい、人生でかかわりを持つ人は全て縁によって導かれています。

 

良い縁ばかりならば問題ないのですが、残念ながら縁は良い物ばかりではありません。
厄介ごとを持ち込んでくる友人や借金の催促をしてくる知り合い、悪い道へと誘い込もうとする存在などは、自分の人生においてマイナスの存在となる悪い縁です。

 

この方法を用いることにより、お相手の生き霊の憑依によってもたらされる不運現象やストーカー化を未然に防ぐことができます。また恋愛や夫婦関係だけではなく、
職場の同僚や友人など人間関係全般にも効果があります。

 

縁結び

 


今年は / hiroooooki

 

縁遠くてなかなか結婚相手に巡り会えない方、長期間の片想いに悩まれている方などのケースで執り行う、
男女の縁を結ぶこと。縁組。本来の意味は、男女に限らず、あらゆる人、物事との「よいご縁を結ぶ」ことです。

 

一般の人では、思う人の名を書いたこよりを社寺の格子(こうし)や樹木に結び、縁の結ばれることを祈る一種の願かけをします。
霊能者は、一般に「赤い糸」と呼ばれる異性との霊的な絆を透視した上で、必要に応じてそれを太くしてまいります。
縁を結びたい特定のお相手がいらっしゃる方にも、まだいらっしゃらない方にも同じく高い効果をあらわします。

 

オートマティック(降霊自動書記)

 


節分上御霊神社 / sprklg

 

心理学用語で「自動筆記」「自動記述」という意。あたかも、何か別の存在に憑依されて肉体を支配されているかのように、
霊的な作用によって、本人の意志とは無関係に見えざる力によって文章、絵などを書きます。

 

霊能者の場合は、、「死者の霊が下りてきた」「神や霊に命令されている・体を乗っ取られている」「高次元の存在や宇宙人とチャネリングを行う」などの「理由」により、無意識的にペンを動かしたり語り始めたりする。これは神霊などがこの世界に接触を図る方法として説明されている。日本ではかつて「神がかり」「お筆先」とも呼ばれていた。

 

オーブ

 

あ行

 

オーブは写真に写る光る玉のようなもので、一説によると、「霊の魂」「守護霊」「精霊」が形を変えて写真に映り込んでいるといわれています。
オーブはエネルギー体であるため、同じ波動を持つ磁場に引き寄せられる特徴があります。
神社などの神域において、霊格の高いオーブが現れるのはこのためです。

 

また、オーブの特徴として
1、神様のメッセージである
2、オーブは存在を理解すれば誰にでも見える
3、写真にオーブがうつるのはメッセージがあるから
4、自分の心に素直になると見れるようになる
があるといわれています。鑑定では、ご相談者の方のオーブを霊視することにより、
現在の生体エネルギーの状態、霊性、霊格などを見極め、憑依、霊障の有無を判断いたします。

 

オーラ

 


夜の光エネルキ?ーの肥大 / reach_rh

 

オーラの本質(素)は宇宙エネルギーです。 私たちは、体(チャクラ、呼吸、脳細胞、全細胞)を通してエネルギー変換して、自分の体内でそれをエネルギーとして使います。また、体からも放射し、他の人が使えるように放射しています。その放射されたエネルギーが、オーラや気というものです。
オーラは、人の周りにあるエネルギー体で、幅や高さはおよそ90cm〜120cmぐらいの大きさです。卵の殻をイメージしたらよいのですが、オーラは、一個のエネルギー体がぺたっとあるのではなく、何層かになっています。
転じて、ある人物や物体が発する独得な、または霊的な雰囲気や、なんとなく感じる力、威圧感なども指す。現代日本では、人間の存在感や風格がある様子を指して「オーラがある」と表現することがある。単に「人間の雰囲気」という意味でも使われる。

 

オーラリーディング

 


夜の光エネルキ?ーの肥大 / reach_rh

 

オーラの中には、様々な色や「画像」が存在します。「画像」とは、映画のフィルムのひとコマのようなもので、その人の人格や感情、過去生での出来事など、その人に関するあらゆる情報を示します。
オーラリーディングでは、あなたのオーラの色や「画像」を透視し、ご相談者の過去と未来を霊感とともに今抱える問題の根本原因を読み取ります。
多くの場合、オーラの色は単一ではなく、いくつかの色彩が層となった形で人体を取り囲んでいます。その輝きの強さや透明度などによって、心身の状態と今後の運勢がつぶさに分かります。

 

オーラ療法

 

あ行

 

私達の肉体は目に見えない生命エネルギーによって生かされています。 その生命エネルギーをオーラといいます。オーラ療法はオーラを浄化し、オーラの波長や色、強さなどを修正することによって、貴女の性格や運勢、さらには外見までも変えてしまうことができます。

 

その結果、肉体だけでなく魂レベルでの深い癒しと気付きによって本来の自分を取り戻します。

 

おみくじ

 

あ行

 

神社・仏閣等で吉凶を占うために行う籤(くじ)のこと。古代においては国の祭政に関する重要な事項や後継者を選ぶ際に神の意志を占うために籤引きをすることがあり、これが現在の神籤の起源とされている。
古代では、国の祭政に関する重要な事項や後継者を選ぶ際に、神の意志を占うために籤引きをすることがあり、これが現在の「おみくじ」の起源とされている。日本では鎌倉時代初期から行われるようになった。
現在の神籤は参詣者が個人の吉凶を?うために行われるもので、これは鎌倉時代初期から行われるようになった。当時は自分で籤を用意するのが一般的であった

 

陰陽師

 


安倍晴明像 / iichangm

 

日本古来からの陰陽道に携わる呪術師のこと。陰陽道とは、古代中国で成立した陰陽五行説を基盤として、日本で独自の発展を遂げた自然科学・天文・暦・呪術の体系。平安時代の陰陽師、安部晴明が有名。
陰陽五行思想に基づいた陰陽道によって占筮(せんぜい)及び地相などを職掌とする方技(技術系の官人。技官)として配置された者を指すが、それら官人が後には本来の律令規定を超えて占術や呪術、

 

祭祀を司るようになったために陰陽寮に属する者全てを指すようになり、更には中世以降の民間において個人的に占術等を行う非官人の者をも指すようになり、声聞師と重ねられることもあって「声聞師」と呼ばれる場合もあった。
現代においては民間で私的祈祷や占術を行う者と定義付けられており[要出典]、中には神職の一種のように見られる者も存在する。

 

陰陽道

 


陰陽法皇聖コ舞鶴 / sanxki

 

古代中国で成立した陰陽五行説を基盤として、日本で独自の発展を遂げた自然科学・天文・暦・呪術の体系。陰陽寮で教えられていた天文道、暦道といったものの一つ。政治に取り入られることが多かったため、日本人の生活全般にまで広まった。
また、陰陽道に関わる者を陰陽師といい、陰陽師の集団のことを陰陽道と呼ぶこともある。古代の中国で生まれた自然哲学思想、陰陽五行説を起源として日本で独自の発展を遂げた呪術や占術の技術体系である。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加